政府が学費負担してくれる給付金制度

決して安くはないプログラミングスクールの受講料。
そこで、調べておきたいのが給付金・助成金の制度活用です。

様々な制度を決定する政府のイメージ

もしかしたら、あなたの受講費用の一部を国に負担してもらい、通常に比べ何十万円も安く学習ができるかもしれません。
制度の活用は、自身で申請する必要があります。あとから給付金の存在を知って、後悔しないよう事前によく調べておきましょう。

そこで今回はプログラミングスクールで利用されることが多い給付金制度、「教育訓練給付助成金」「人材開発支援助成金」の2つをご紹介します。

教育訓練給付助成金

教育訓練給付助成金制度を管轄する厚生労働省

教育訓練給付助成金は、雇用の促進や優秀な人材の発掘を目的とした厚生労働省が提供する給付制度です。
厚生労働省が指定した講座に限り、一定の条件を満たしていれば受講料の20~70%が支給されます。

細かい条件はいくつかありますが、大まかな条件は1つ。

同じ会社で1年以上働いている。(給付金制度を初めて利用する場合)

または、

同じ会社で3年以上働いている。(給付金制度を利用したことがある場合)

という条件を満たしていることです。
細かな条件に関しては、ハローワークの教育訓練給付制度ページをご覧ください。

また、教育訓練給付助成金の中にも種類があり、支給額が異なります。
よく目にするところだと、「一般教育訓練給付金」「専門実践教育訓練給付金」の2つがあります。その支給額の違いと、どんな講座に適応されるのか見ていきましょう。

一般教育訓練給付金

「一般」と書かれているとおり、需要はあるけれど身につけている人も多いスキルを身につける講座に対する給付金です。
一般教育訓練給付金が適応される講座は、諸経費の20%(上限10万円)が支給されます。対応しているスクールは、例えば以下の2つがあります。

リナックスアカデミー|教育訓練給付金について
https://www.linuxacademy.ne.jp/reason/kyufu.html
インターネット・アカデミー|教育訓練給付制度
https://www.internetacademy.jp/entry/benefit.html

専門実践教育訓練給付金

専門実践教育訓練給付金は、より専門的なスキルを身につける講座に適応される給付金です。
IT関係でいえば、AI(人工知能)・セキュリティを身につける講座に限るものだと思えば、おおよそあっているでしょう。

支給額は諸経費の50%または70%(上限は40万円または56万円)と高額です。人材が足りず、国としても支援したいスキルを身につけようと考える人には、これだけの給付金が支給されているのです。
当サイトに紹介しているスクールの場合、下記の2つスクールで提供されている講座が対象となっています。

「DIVE INTO CODE」機械学習エンジニアコース
https://diveintocode.jp/ai_curriculum

人材開発支援助成金

企業向けに用意される人材開発支援助成金制度

続いて紹介する人材開発支援助成金は、個人でなく会社に支給される助成金です。
主に中小企業の人材育成をサポートする目的で提供されています。企業の研修費用の一部を国が負担する制度だと思えばわかりやすいかもしれません。

制度として複雑な面はありますが、支給条件を満たすと、受講料だけなく学習する社員の人件費に対しても助成を受けられるため多くの企業で導入されています。
個人で受ける助成金でないため、自分で選ぶことはできませんが、就職先を探す際の一つの参考材料としてみてください。詳しくは、厚生労働省のページに記載されています。

当サイトで紹介しているプログラミングスクールも、実はその多くが企業向けの研修としても同様のカリキュラムを提供しています。
導入実績を案内するページから、人材開発支援助成金を活用しながら、スクールの学習を従業員に提供している企業を見つけられるはずです。社員教育や福利厚生に力を入れている企業として、わかりやすい目安となるでしょう。

以上が、「教育訓練給付助成金」「人材開発支援助成金」の紹介でした。
助成金が適応される講座は多くはありませんが、もし適応されれば少なくとも10万円は安くスキルを身につけられます。調べることや申請は少々手間ではありますが、損をしないようぜひ制度を活用していきましょう。