TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy公式サイトのスクリーンショット画像
受講形式 難易度 学習期間
オンライン型 初級

中級
1ヶ月〜
(160時間)
無料体験 支援体制

1週間
エンジニア就職支援
マンツーマン
料金・特典
料金体系 分割 学割
コース別
最大
24回

約30%
OFF
総額 1時間単価
189,000円 (一般)
139,000円 (学生)
1,181円 (一般)
868円 (学生)
※ 2カ月の標準コース(160時間)を想定
学べる言語
HTML/CSS PHP Ruby SQL
JavaScript Python AI

自宅でプロのサポートを得られるスクール

TechAcademyは、自宅から本気でプログラミングを学習したい人に最適なオンラインスクールです。

今ネット上には格安のプログラミング学習教材も多数ありますが、多くの初学者にとってはどうしても不十分です。
独学でのスキル習得も不可能ではないのですが、つまずきポイントが多数あるためほとんどの人は挫折をしてしまいます。

そこで、TechAcademyでは以下の環境をすべてオンライン上に整えてくれています。

初心者向けのわかりやすい入口
中級者以上になるための、より実践的なカリキュラム
質問に答えるくれるプログラマー
学習の進行をアシストしてくれるアドバイザー

コースにもよりますが、実践的なスキルを身につけるコースでは少なくとも1日1時間以上、合計で100時間以上必要な本格的なカリキュラムが用意されています。
片手間でちょっとだけ学んでみたい、と考える方にはあまり向きませんが、自宅やカフェから本格的にプログラミング学習をしたい!と考える方には、非常にオススメできるスクールです。

TechAcademy詳細情報

それではまず、TechAcademyの基本的な情報(価格や受講の仕方、コースなど)をお伝えします。
公式サイトにもある内容ですが、ギュッとまとめていけばと思います。

こんな人にオススメ

自宅やカフェからオンラインで学習をしたい
無料のプログラミング教材だけでは物足りない
入門的な知識だけでなく、自分で何か作れるレベルまで習得したい
わからないことをプロに質問したい

基本情報

オンライン完結型

ネット上に用意された課題をこなしながら、オンライン上で質疑応答やサポート、課題のチェックを受ける形式です。

初心者~中級者向け

プログラミング未経験者を中心としたカリキュラムになっています。
ですので、まったくの初心者でも問題ないですが、後半になるにつれて実践的な内容になっていくので、しっかりと学習を積み重ねていく必要があります。

オンライン完結

すべてオンラインで完結するスクールです。
質問や学習進行など対面のサポートは、すべてビデオ通話やチャットを介して行われます。

99,000円(税抜)〜

一番安いコースを最短の期間で受講する場合です。
TechAcademyの受講料は、選んだコースと受講する期間で決定されます。
一般的なコースをある程度余裕をもった期間で受講する場合は、20万円~が目安です。

無料体験も充実

気になるコースに関しての説明会動画が公式サイトに用意されています。
また、実際の学習に使うオンライン教材を1週間無料体験できる他、スタッフからのメンタリングも受けられます。

サポート体勢

・15時〜23時の間、チャットで技術的な質問が可能。
・週2回、1回30分のメンタリング(学習のアドバイスやスケジュール管理など)
・提出した課題への添削
・受講中/受講後共に転職サポート(TechAcademyキャリア)の利用が可能

主な学習コースや学べるプログラミング言語

一口にプログラミング学習といっても、作りたいものに応じて身に着ける技術はまったく異なります。
そこでTechAcademyではあなたの目的にあわせ、20以上のコースが用意されています。

もちろんそのすべてを学ぶ必要はありません。
通常は1コース、総合的なスキルを身に着けたい人で2~3コースを学んでいきます。複数コースを受講する場合は、セット受講割引もあります。
これだけ多くのコースがあると、違いがパッと見てわからないので、ここで主要なコースの概要を簡単に説明します。

Webアプリケーションコース
Ruby/Ruby on RailsHTML5/CSS3SQL

Ruby on Railsを用いて、Twitterと同様の機能を持ったwebサービスを構築した後に、応用としてあなたのオリジナルサービスを制作するコースです。
Rubyを理解すると共に、webサービスを制作する一連の流れを学習できます。


PHP/Laravelコース
PHPHTML5/CSS3SQL

Webアプリケーションコースの内容をRuby on Railsでなく、PHPのフレームワークである「Laravel」で制作していくコースです。


Javaコース
JavaHTML5/CSS3SQL

システム開発の現場でもっとも需要の大きい、Javaのスキルを身につけるコースです。
データベースを用いた業務系のシステムをイメージしたWebアプリ開発を学べます。


フロントエンドコース
HTML5/CSS3JavaScriptjQueryVue.js

最近はよくアニメーションなどを用いたリッチな作りのサイトを見る機会が増えてきたかと思います。
そのような、webサイト上に動きをつける行程を「フロントエンド」と呼びますが、その技術を学べるコースです。
「Webアプリケーションコース」や「PHP/Laravelコース」とセットで受講し、より動きのあるwebサイトを制作するスキルを身につけたい方が学んでいます。


WordPressコース
PHPWordPressHTML5/CSS3

世界でもっとも利用されているCMS(webサイトの構築システム)がWordPressです。
企業や店舗系のサイトを構築する際にも採用されることも多く、webサイト制作の仕事を目指す方が選択しています。


iPhoneアプリコース
Swift

簡単なゲームアプリやスケジュール管理アプリ、Instagramっぽいアプリを制作できるようになるコースです。
以前のiPhoneアプリ開発は「objective-C」という言語が主流でしたが、いまは「Swift」が主流となっており、そんな今メインの言語での開発を学べます。


Androidアプリコース
Kotlin

iPhoneとAndroidのアプリは一緒くたに見えて実は裏で使われている技術は別物です。
Androidアプリは現在「Kotlin」が開発の主要なプログラミング言語となっており、その開発スキルを身につけられます。


Unityコース
Unity

ゲームを開発エンジンとして今メジャーなのが「Unity」です。
とくにスマホゲームでの採用が多く、「ポケモンGO」「スーパーマリオラン」もUnityで開発されています。
そんなUnityを用いた、2Dゲーム・3Dゲーム開発を学べるコースです。


AIコース
Python機械学習

昨今、人工知能(AI)の発展が目指しいニュースをよく聞きますが、いま現在その中心にあるのが、機械学習・ディープラーニングという分野です。
このコースでは機械学習について学ぶのと合わせ、機械学習を扱う際に一番使われるプログラミング「Python」を学べます。


学習の難易度は?初心者でも大丈夫?

ここまでは、TechAcademyの大まかな概要をお伝えしてきました。
でもまず気になるのは、「自分でも学習についていけるかな?説明を聞いてもわからない言葉も多くてなんだか不安…」という部分かと思います。

まず安心して欲しいのは、TechAcademyはプログラミング初心者のための学習サービスだということです。
ですから、各カリキュラムは初めてプログラミング学習する方に最適化された内容になっています。

事実、私が紹介してきた生徒さんも、9割以上の方が初心者の状態から受講を開始しました。
ですが、最終的には転職・就職や案件の受注をできる実践レベルまでのスキルを身につけるのが目的です。カリキュラムの後半は必然的に難易度が上がってきますので、気合いを入れて学んでいってください。

学習期間は4パターン。あなたにあったプランは?

テックアカデミーのプラン表

TechAcademyでは各コース、4~16週間のプランが用意されています。
どのプランを選んでも、学習内容に違いはありません。ただ質問やサポートの期間が異なり、それに伴って受講料が変化してきます。

4週間プラン…集中して学びたい方向け / 1日3~6時間
8週間プラン…じっくり学びたい方向け / 1日1.5~3時間
12週間プラン…多忙で時間がない方向け / 1日1~2時間
16週間プラン…焦らず学びたい方向け / 1日30分~1.5時間

と公式でアナウンスされていますが、受講した方の声を聞いてもほぼこの目安で間違いありません。

4週間コースと16週間コースで価格が10万円以上変わってきますので、みなさんできるだけ短いプランを選ぼうとしますが、4週間コースはかなりハードです。
一日に5時間6時間も毎日学習するのは、会社員の方など日中他の活動がある方にはかなり非現実的でしょう。

TechAcademyのカリキュラムには、各レッスン修了後に課題の提出もあり、ただ教科書的な学習をこなすだけでは進めていけません。じっくり挑んでいくためにも、ある程度余裕をもったプラン選択をしてください。
また、学習期間の終了後もカリキュラム自体は継続して閲覧可能です。あくまでサポート期間の違い=プランの違いとなっています。

独学で十分?スクールと独学の違いは

では、カリキュラムの質はどうなのでしょうか?

TechAcademyの学習は、受講生専用のwebサイト上のテキストを読みすすめながら、自分でも手を動かしプログラミングを書いていくのがメインです。
そのカリキュラムの質は、書店にある書籍と同等かそれ以上だと言えます。

独学で良い教材を探すのは大変

また、書籍を使って独学するとなると、その選定も大変です。
初心者の方が、TechAcademyを卒業するのと同等レベルの学習を、書籍を使ってするには最低でも3冊ほどは必要と言えます。
しかし、いざ書店にいっても大量のプログラミング学習本が並んでいて、どれが良いかわかりませんよね?

web上にオススメ書籍の紹介記事などもありますが、あなたの目的・レベルにあっているかの判別も困難かと思います。
それに比べ、TechAcademyでは初心者向け最適化された100時間分以上の教材が用意されているのは、良い学習のスタートダッシュとなり得ます。

課題で得られる実践力

そしてTechAcademyでは、ただ教科書的に内容を進めていくだけでなく、各レッスンの終わりに課題が用意されています。
課題はほどよい難易度になっていて、ただテキストを読んだだけではすぐ解けません。とくに応用力が必要となってくる後半では多くの人が再提出となるはずです。

課題はたしかに大変ですが、これが独学にはない良い学びを得られる機会です。
独学で書籍や学習サイトを使った方の多くは、なんとなく内容の理解はできても、いざ自分で手を動かしてオリジナルのものを作ることできない、と悩みを抱えています
課題はその壁を自然と乗り越えるための仕組みで、独学では得られない大きなメリットです。

サポートを使いこなそう。悪い口コミを見た時は

疑問点があった時に、すぐ質問ができるのもTechAcademyを使うメリットです。
プログラミングの問題は、慣れない内は原因を特定するのに時間がかかる場合も多く、1つの問題を解決するのに丸一日費やしてしまうこともザラにあります。

そんな時に現役のプログラマーに質問できる環境はとても有益です。
質問は、チャットで可能で土日祝日は関係なく毎日15時〜23時まで受付けられています。回答の担当者は常に数名待機していて、時間内の質問であれば数分で回答を得られます

何でも手取り足取りは答えてくれない。

そんな良いサポートの仕組みですが、web上で口コミを探すとよく見る不満があります。
それが「質問したのに自分で調べろなどと、マジメに回答してくれない…」というものです。

実はこれも課題と同じく、大切なポイントです。

最終的にプログラミングをする際の問題は、自分一人の力で解決できなければいけません。そうしないと、TechAcademyを卒業後サポートしてくれる人がいなくなった時に困ってしまうからです。
そのため多くの質問に対しては、直接的な回答でなくアドバイスやヒントに留まります。それは手抜きではなく、あなたの成長のために必要な行程ですので、よく覚えておいてください。

もちろん質問しヒントをもらってもわからなければ、何度質問しても大丈夫です。手助けしてもらいながら、自分で問題を解決する力を養っていきましょう。

週2回のメンタリングは大事な時間

サポートとは別に、TechAcademyでは週2回30分のメンタリング(面談)の時間も用意されています。
パソコンでビデオ通話ソフトを利用し、画面共有機能も併用しながら学習や今後の進捗に対してアドバイスがもらえます。

理解が浅い部分へのアドバイス
今、行き詰まっている課題へのヒント
レッスン中の重要なポイントの確認
自分で作りたいサービスへの質問
卒業後の学習に向けたアドバイス

など、学習内容はもちろん、あなたが今後プログラミングを使って行いたいことへの助言ももらえます。

とくにあなたの身の回りにプログラマーがいない場合、かなり重要な時間になるでしょう。カリキュラムへの質問だけに留まらず、+α聞きたい質問を事前に考えておくことをオススメします。

まずは無料体験・キャリアカウンセリング

以上でTechAcademyの紹介を終わります。
初心者向けに質・量共に充実したカリキュラムと、実践力を身につけるための課題、そして学習を支援するサポート・メンタリングと、オンラインでプログラミング学習を受けたい方に一番オススメできるスクールです。

1~4ヶ月の間、みっちりと学習するのは想像よりも大変です。
でも独学で中途半端な知識を身につけて終えるよりも、手に職にもつながる骨太なスキルを身につけるとても有益な期間になるはずです。

とはいえ、まだ受講するか悩んでいたり、どのコースを受けたら良いかわかっていなかったりするかもしれません。
そんな方に向け、TechAcademyでは「無料体験」「無料キャリアカウンセリング」が用意されています。無料体験では、一番初歩的な内容を実際の受講形式と同じ環境で学べます。

無料キャリアカウンセリングでは、あなたの目的に合わせてどのコースがオススメかを気軽に相談できます。
なんとなく良さそうだけど、具体的な学習の進め方がイメージできなかったり、何を学べば良いかそもそもわからなかったりする場合は、無料体験&無料キャリアカウンセリングを活用しましょう。

決して安い買い物ではありませんので、無料体験を通じて受講するか慎重に考えてみてください。