無料スクールの実態とは

プログラミングを無料で教えてくれ、就職までサポートしてくれる。
そんな都合の良いスクールが本当にあるのでしょうか?

うまい話には裏があると言いますが、このページで無料のプログラミングスクールの実態をお伝えします。
ビジネスとしてスキームのある、しっかりとした業界ですが、やはり通常のスクールに比べればデメリットもあります。無料というメリットの裏には、どんなデメリットがあるかをしっかりと把握し、有料のスクールにするか無料のスクールにするかを考える検討材料としてください。

なぜ無料なの?

無料のプログラミングスクールがなぜ生徒からお金を取らずに成立しているのか、それは「企業からお金をもらっている」ためです。
よく企業では新人研修がありますが、あれは企業からするとかなりのコストです。仮に3ヶ月間研修するとしたら、3ヶ月分の給料を払いながら、しかも研修費用がかかります。

仮に月給が30万円だとしたら、3ヶ月分の給料90万円+研修費用で100万円以上の費用が優にかかるのです。
そんな時間も手間もかかることを企業はしたくありません。そこで無料のプログラミングスクールにお金を払い、教育済みの人材を確保しているのです。

そのため指導を受けた後は、必ずスクールが紹介する企業に転職をしなければいけません
とりあえずプログラミング学習だけ受けるといった使い方はできず、平均3ヶ月程度の学習後すぐエンジニア就職を目指すことになります。
また原則的に就職先は、スクール側から提示された企業の中からしか選択できないというデメリットもあります。

就職先はSES(派遣業)ばかり?

無料のプログラミングスクールで斡旋される就職先の企業の大半は、SESと呼ばれるプログラマーの派遣会社です。
調べると色々情報が出てきますが、SES(プログラマーの派遣業)という業態には賛否両論があります。
わかりやすいところでいくと、ニュースでもよく耳にする多重派遣の問題です。派遣元と派遣先の間に、複数の人材紹介業者が入り、紹介料を搾取している!とよく話題になっていますね。

人によっては、日本のIT業界が他の国に劣っているのは派遣業界のせい、とまで言う人もいます。私も派遣の中抜き構造自体には問題を感じています。
しかし一方で、未経験者がプログラマーとして最初の業務経験を積む先として、広い間口になっていることは確かです。

すでに新卒チケットを失った中途採用で、企業からしっかりとした研修を受けられることは中々ありません
そんな時、無料のプログラミングスクールで新たに研修を受け、新たなキャリアをスタートできるのは良いことだと言えます。
決して華やかなキャリアのスタートとは言えませんが、今現在スクールに通うほどの貯金もなく、それでも今の環境に疑問を感じていてIT業界に挑戦したい!と思っているのであればぜひ利用してみてください。

学べる言語はJavaがメイン?

以前無料のプログラミングスクールでは、指導内容のほとんどがJavaでしたが、最近ではRubyやPHPなど、web系企業で主に使われるプログラミング言語も指導し始めています
とはいえ、メインは変わらずJavaです。なぜなら先に紹介した、SES系企業でもっとも求められるプログラミング言語がJavaだからです。

「RubyやPHPを学ぶのも良いけれど、一番就職しやすいのはJavaですよ。」と最初に学習する言語を選ぶ時にアドバイスされることが多いでしょう。プログラミング言語に優劣はありませんが、言語によって選べる業界は変わってきます。
スクールでは、現在のスキルや今までの職歴にもよりますが、基本的には通い始めてから2~3ヶ月程度で就職することを目指します
しかしすべての時間をプログラミング学習にあてるわけではなく、2ヶ月目からは学習と平行して面接対策なども重視していくことになります。

完全に初心者から学習を始め、その程度の学習期間で自社サービスを展開するweb系企業に就職できるほどのスキルを身につけるのはかなり困難です。
結果として、必然的にJavaを学習言語として選択するケースはかなり多いでしょう。

その他4つのデメリット

ここまで無料のプログラミングスクールの実態を解説するのにあわせて、いくつかデメリットを説明しました。

企業への転職前提。プログラミング学習だけしたい!という使い方はできない。
就職先は、スクール側から提示された企業の中から選ばないといけない。
学ぶプログラミング言語は、消去法的にJavaになるケースが多い。

他にもいくつか細かいデメリットがありますので、まとめて紹介しましょう。

原則的に20代限定

無料スクールの年齢制限を満たす20代男性

やはり未経験でも就職しやすいのは20代です。
そのため、多くの無料スクールでは20代限定と年齢制限されていることがほとんどです。
30代の場合は、別途受講費用の支払いをすれば入学できるスクールもあります。

都内にある教室通いが必須なスクールが多い

プログラミングスクールが多い渋谷エリア

3ヶ月程度の限られた期間で就職を目指すことになりますので、短期集中で学習する必要があります。
ですので、まとまった学習期間を確保するために、オンライン形式でなく通学形式で学ぶスクールがほとんどです。
そのため地方住まいの場合、利用するのは難しいでしょう。

週の最低学習時間が定められている

学習スケジュールのイメージ

当然ですが、エンジニアとして就職できる最低現のプログラミングスキルを身につけなければいけません。
未経験からのスタートとなると、最低でも週30時間ほど学習することになるでしょう。転職期間中などで平日の日中も学習できれば、月~金まで毎日6時間程度の学習イメージです。

ですがお勤めの場合、土日に8時間ずつ・平日は仕事の後に3時間学習と、スキルを身につけるために少々ハードな数ヶ月を送る日々となります。

受講を辞めるために違約金が必要なケースも

違約金が定められた契約書

スクールごと制度は異なりますが、自分にプログラミングが向いているかを判断する猶予として1ヶ月程度の期間が設けられててるケースが多いでしょう。
その期間内であれば「自分には向いていないと思ったので、やっぱり学習を辞めようと思います」と無料で辞退可能です。

しかし、その期間後に自己都合で辞めるとなると違約金と支払いが必要になることがあります
最初に解説したとおり、無料スクールは企業への人材紹介料で売上を立てています。なので、就職せず途中で辞められてしまうと赤字になってしまうのです。それを防ぐための制度ですので、しっかりと就職する決意を持ってから申込をしましょう。

おすすめ無料プログラミングスクール

以上が、無料のプログラミングスクールについての説明となります。
細々とデメリットを並べましたが、それでも無料でプログラミング学習をできるのが最大のメリットです。お金はないけれどIT系企業へのキャリアチェンジを考える方にとってのチャンスと言えるでしょう。

多くのスクールでは無料の説明会も実施されていますので、気になる方はまず説明だけでも聞きにいってみてください。
最後に当サイトでオススメしている、無料スクールはこちらにまとめてあります。ぜひご覧ください。