スクール活用で転職を有利に!

他の業種から、未経験でいきなりエンジニアに転職することは不可能ではありません。
いわゆるSIer(システムインテグレーター)と呼ばれるシステムを構築する会社であれば、新人向けの3ヶ月程度の研修を実施しているケースも多くあります。なのに、転職目的のためにスクールへ入学するのは、研修費用をなぜか自分で支払っている、とも言えます。

ですが、それでも私はスクールで学習してから転職活動をすることを強くオススメします。
なぜなら、未経験でのエンジニア転職には罠が潜んでいるからです。未経験採用の罠とは何か、そしてなぜスクールで学習をすると、罠を回避した転職活動ができるのかをここでお伝えしていきます。

「未経験可」求人、最大の罠

求人サイトの検索で「未経験可」にチェックを入れて、エンジニア求人を検索すれば多くの件数がヒットするでしょう。
しかし、その求人の大半は罠です。

未経験可の求人広告に期待を抱く女性

もちろん未経験者を採用し、丁寧に教育してくれる優良な企業もありますが一部に限られます。
採用をする企業側からすれば、経験者の方が助かるわけですしあえて未経験者を募るメリットはありません

では大抵の、未経験採用をする会社に入ると、どんな業務が与えられるのでしょうか?
それは未経験者でもできる、プログラムの定型的なテスト作業で、エクセルにただその結果を貼るような単純作業です。エンジニア求人とは名ばかりの、ただの事務作業要員として割り当てられてしまいます。
勤務体系が多少ブラック程度の話なら、1年間は我慢して業務経験を積んで経験者として他社に転職しよう!という選択肢も生まれますが、そもそも経験すら積めないのが最悪のパターンです。

採用企業が求める未経験人材とは?

未経験者の中から適性人材を選ぶ面接官

エンジニア不足が続く昨今、企業からすると未経験者でも"適性があるならば"採用したい、とは考えています。ですが、そんな会社の多くは「未経験可」と条件に入れた求人は出しません。
なぜなら本当にプログラミングのプの字も知らない、本当の未経験者から大量の応募が入ってしまい選別に苦労するからです。

○求める未経験人材 未経験とは言っても、プログラミングスキルを身につける適性がある人材
×求めない未経験人材 採用したは良いけれど、まったく適性がなく学習意欲も乏しい人材

企業側の気持ちになれば当たり前の条件ですが、「未経験可」で求人を出すと“求めない未経験人材”からの応募が多数を占めてしまうのが現状です。
結果、まともな会社ほど採用条件から「未経験可」を削除し、罠がある求人案件ばかりが残っていくことになります。

「実は未経験可」の採用を勝ち取る

そこで登場するのが、プログラミングスクールです。プログラミングスクールの学習は、カリキュラムにもよりますが最低でも数十時間の学習が必要です。
また、即戦力を目指すコースにもなれば300時間以上の学習時間を要します。

自身のプログラミングスキルを説明する男性

それでもまだ現場レベルのスキルが身についているとは言えませんが、採用企業側も未経験者にいきなりプロ級のスキルは求めていません
少なくとも、スクールレベルの学習を理解する知識があり、自ら学習を進めることが可能な人材だというだけで、その他未経験人材よりも大きな価値があるのです。

ですので、転職を支援するスクールでは卒業生限定の求人案件も多く存在します。採用企業からすれば、適性がある人材だけにアプローチできるとてもありがたい場なのです。
また、ある程度難易度が高い学習コースを修了したのであれば、経験者枠として「未経験可」とは書いていない企業にも応募できます。
「業務経験はないけれど、スクールで学習した結果ここまでのスキルがあります」と証明するポートフォリオを作成し、それをアピールポイントとして提出するのです。

もちろん業務経験が無いなら不採用と判断されるケースも多いですが、未経験者でも"適性があるならば"採用したいと考えていた、「実は未経験可」企業からの採用を得られる可能性があります。
以上のように、未経験だからこそ戦略を持ち、良い企業への就職を勝ち取っていきましょう!そのキーとなるのが、プログラミングスクールの活用なのです。