フリーランスの仕事の見つけ方は?

フリーランスのエンジニアとして売上を立てるための、最初のステップが案件の獲得です。スキルがあっても、お仕事がなければどうしようもありません。

フリーランスとして初めて案件を受注して喜ぶ男性

でも、仕事を進めるイメージはできても、案件の見つけ方が一番イメージできないのではないでしょうか?
会社で働いていれば、案件の獲得は営業の方々がしてくれますが、独立をすると営業まで自分でやらなければいけません。
そこで、このページではこれからフリーランスになりたい方へ向けて、どのような案件獲得方法があるかを紹介します。

有名クラウドソーシングは主戦場ではない

クラウドワークス・ランサーズのスクショ

ニュースなどの効果もあり、最近はフリーランス・副業の依頼サイトとして「クラウドソーシング」を思い浮かべる人も多いかもしれません。
有名なサイトとしては、クラウドワークスやランサーズの2つがあげられます。

ですが、クラウドソーシングは副業レベルの仕事を探すには良いですが、フリーランスエンジニアがメインの案件を探す場としてはあまり向いていません。
というのも、クラウドソーシングの案件の多くは小規模なものが多く、サービスの設計上単価も下げられていく傾向が強いためです。
ただ逆にいえば、駆け出しのうちであればハードルが低く、提案から納品までの一連の流れを学びやすい環境ともいえます。

最初の修行の場と考え、進行の上手なディレクターさんとやり取りをする機会があれば、その方法を学ぶ場とも考えると良いでしょう。
メインの収入源とするには単価上厳しいですが、経験のために利用するのはおすすめです。

クラウドソーシングのメリット

ハードルが低く、スキルが低い内も挑戦しやすい
案件をこなす全体の流れを学べる


クラウドソーシングのデメリット

小規模な案件が多く単価も低め
仲介手数料がかかる


フリーランスエージェントの活用

では、フリーランスエンジニアが単価の高い案件を探すにはどうすれば良いのでしょうか?
もちろん自分で営業したり、友達から紹介を受ける、というルートもありますが、やはり実績が伴わないうちは自力では大変です。そこで登場するのが「フリーランスエージェント」の活用です。

エージェントから仕事紹介を受けるフリーランス

通常の転職時にもエージェントを使うことはあると思いますが、そのフリーランス版だと思ってもらえれば良いでしょう。
フリーランスのエンジニアを欲している企業に対してエージェントが営業を行い、その案件を紹介してもらうことができます。手数料を10~20%程度は取られてしまいますが、高単価であり、自分の条件にあった案件を探せるため、多くの方が利用しています。

フリーランスエージェントサービスは多数ありますが、ここでは3つ有名どころを紹介しておきます。

フリーランスエージェントのメリット

営業を任せることができる
高単価で技術的な条件の合う案件を探せる


フリーランスエージェントのデメリット

自由度に制約がかかってくる(客先常駐も多く、フルリモートは稀)
仲介手数料がかかる


利用の流れ

利用は大まかに、以下のような流れとなります。

1.サービスに登録

2.一度エージェントの方と面接をし、スキルや受けたい案件などの確認

3.発注元へ、エージェント共に訪問し面談・商談

4.お互いの条件があったら、契約を結び仕事開始

知っておきたい請負契約と準委任契約

また、フリーランスエージェントからの案件の多くは、「請負契約」でなく「準委任契約」と呼ばれる業務委託契約になります。

請負契約=納品物の完成がゴール
(クラウドソーシングは主にこちら)

準委任契約=業務の遂行がゴール
(フリーランスエージェントは主にこちら)

大規模な案件だと、数ヶ月で終わらず、他のデザイナーやエンジニアと協力しての作業が当たり前になってきますので、請負契約のような「完成したらおしまい」のような明確な作業の終わりが中々ありません。

そのため準委任契約で、外部スタッフ的な形での参画をするのです。いわゆる月単価での契約となり、月の作業時間は140時間〜180時間とされることが多いです。

準委任契約により企業へ常駐するフリーランスエンジニア

客先のオフィスに常駐して働くケースも多く、それは実質的にフリーランスでなく派遣労働では?とされることも時にあります。(いわゆる「偽装請負」問題)

ただフリーランスからすると、それでも単価が高く自分の磨きたい技術だけに集中して働けるからと、多くの方が活用しているのが現状かと思います。
クラウドソーシングであれ、フリーランスエージェントであれ、不満があるなら自力で良い案件を勝ち取ろうとするのがフリーランスとしての元々の働き方です。

フリーランスなのに「ここに登録さえすればok!」と考えるのはよくありません。安定して仕事をしたいのなら、正社員として働くことが一番です。
時には案件を紹介してくれるサービスを頼りながらも、自力でもどうにかできる、と複数の案件の確保方法を確保できるよう、意識していきましょう。