はじめての確定申告

フリーランスになると不安なのが、税金関係。
確定申告とは聞くけれど、どうすれば良いの?と不安に思うかもしれません。

確定申告書類と電卓

このページでは詳細にすべての方法は語らず、フリーランスが確定申告をする上で外してはいけないポイントをお伝えしましょう。
いざ確定申告をする前にやっておくべきことがいくつかありますので、あとで後悔しないようにするための準備を中心にまとめていきます。

開業届と青色申告承認申請書

何はともあれ、最初に重要となるのが、「開業届け」と「所得税の青色申告承認申請書」を納税地の税務署に提出することです。

開業届けを提出しなくとも業務を行えますが、個人事業主として国に認められ「青色申告」と呼ばれる、節税に有利な確定申告をするためには、開業時に書類を提出する必要があります。
書類と聞くと何枚もの紙に記入する面倒な手続きを想像するかもしれませんが、紙を1枚ずつ記入するだけの簡単なものです。税務署も確定申告の繁忙期以外は空いていますので、サクッと終わらせてしまいましょう。

青色申告とは?

確定申告書類と電卓

「確定申告」は聞いたことがあっても、「青色申告」は聞いたことがないかもしれません。これは確定申告時の種類の1つです。
確定申告には、白色申告と青色申告があり、ざっくり言うと以下の違いがあります。

白色申告

必要な事前の届け出:必要なし
記帳の方法:単式簿記
税制上のメリット:なし


青色申告

必要な事前の届け出:開業届、青色申告承認申請書
記帳の方法:複式簿記
税制上のメリット:特別控除65万円、赤字3年間繰り越しなど


青色申告の方が少し手続きや記帳などの作業が複雑になります。
しかしその分、65万円分もの節税効果が生まれますので、ぜひ青色申告を利用しましょう。

事業用の銀行口座とクレジットカードを作る

フリーランスとしての売上を受け取る銀行口座は、個人とは別に作っておきましょう。

実際のところフリーランスの場合、自分の個人用の口座に入金をもらっても問題はありません。
しかし、それだと確定申告の際かなり面倒になります。

それは、どれが私的なお金の出入金で、どれが事業としてのお金の出入金かがわからなくなってしまうためです。ですので、生活用の口座と事業用の口座を分けている事が大切です。

フリーランス事業用に作成した銀行通帳とクレジットカード

すでに作成済みの未使用の口座を使っても問題ないですが、できるだけ真っ白なものを使った方が後々処理しやすいでしょう。
また、事業用の買い物やサーバー代の支払いも都度銀行振込をしていると、手間や振込手数料もかかってしまいます。あわせて事業用銀行口座に紐付けたクレジットカードを作成しましょう。

家賃や光熱費等の支払いは事業用口座から

事業用の銀行口座とクレジットカードを作ったら、家賃や光熱費、インターネット回線代、スマホ代は事業用の口座から引き落とすようにしておきましょう。
それらの費用をすべて経費にできるわけではないですが、事業に使っている割合に応じて50%まで経費として計上できます。(専門用語では、これを「家事按分」と言います。)

とにかく領収書と請求書を保存

開業届けと青色申告承認申請書を提出し、個人用口座と事業用口座を分けておいたら、基本的に後は確定申告の提出日となる2~3月まで頑張って売上を立てるのみです。
ですがそれと同じぐらい大切なのが、領収書の保存

会社員の間も、経費申請が必要な買い物、打ち合わせをする際などに「絶対に領収書をもらっておいてね。」と言われたこともあるかもしれません。

事業経費を証明する領収書

確定申告で申告する利益は、売上から経費を引いた金額。その経費を証明するために必要なのが領収書です。
どこまでが経費?と疑問に思うかもしれませんが、経費の大原則は「商売に関係のあるもの」と言えます。

慣れない内は判断が難しいと思ったら、とりあえず領収書はもらっておきましょう。あとでまとめて経費になるか調べれば良いだけです。

いざ確定申告。必要な時間は?

確定申告に必要な書類は、おおよそ12月から1月の間に税務署から送付されます。
それから申告が開始となる2月までの間に、昨年の売上・経費を整理し記帳を進めていきましょう。

電卓と確定申告に必要な領収書

エンジニアの仕事は基本的に仕入れが発生せず、少額のやり取りの少ない商売ですので、さほど複雑な計算は発生しません。
慣れれば1日2日で事務処理は完了するでしょう。でも最初のうちは処理してうちに疑問が生じて中々スムーズにはいかないものです。なんだかんだと1週間ぐらい、細々時間を割きながら進めるイメージでいるとゆとりがあるでしょう。

また、最近はフリーランス向けの税金に関する本もたくさん出ています。
大ざっぱな内容は以下のような漫画で学ぶ本でも十分理解できますので、一冊読んでおくと良いでしょう。

お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!
https://www.amazon.co.jp/dp/4801400604/

税理士に依頼する時の相場

税理士のイメージ

確定申告は一人でも十分こなせますが、他の人の力を借りることもできます。
とくにお金の計算が苦手という人は、税理士さんに頼るのも1つの手段です。

相場は売上規模やどこまでおまかせするかで変わってきますが、年間1,000万未満の売上であれば「年間5~15万円」程度が相場でしょう。

安い金額とは思えないかもしれませんが、人に任せ手間が省けるのはかなり心理的に楽になります。
いざ確定申告の事務作業を始めれば数日で完了するとはわかっていても、年末ぐらいから「そろそろ確定申告だなぁ。面倒くさい…」と頭の片隅に重しを感じてしまうものです。
その分本業に集中できると考えれば、まったく損しない経費だと言えます。

freeeやMFクラウドってどうなの?

freee・MFクラウドのスクリーンショット

税理士に頼むほどではないな、という時にオススメなのがネットで使える青色申告の会計ソフトです。
有名なのがfreeeやMFクラウドの2つでしょう。

こちらのサービスを使うと、銀行やクレジットカード情報を自動で取得し記帳の処理をある程度自動で行ってくれます。めんどうな領収書の情報入力も、写真を送ると代行して記入してくれるサービスも。

料金体系は多少異なりますが、欲しい機能を求めると月額2,000円弱・年額2万円前後になるでしょう。
それよりも安いプランもありますが、欲しい機能の追加オプション等をつけると結局それぐらいの金額になるイメージです。機能的には、ほぼ両者変わりがありませんが、インターフェイス的には以下の違いを感じます。

freee:未経験者の個人向け。簿記を知らなくても必要最低限の仕訳はできるよう工夫されている。

MFクラウド:組織を作っていく人向け。会社の成長に合わせて、複雑な処理にも柔軟に対応できる配慮がある。

従業員を雇わず、一人でやっていくのであればfreeeの方がわかりやすいかと思います。
どちらも1ヶ月の無料体験ができますので、両方登録して自分の目で見てみるのも良いでしょう。

確定申告は必ず必要な事務作業ですが、売上につながる行為ではありません。よく調べ、効率的に処理できるよう工夫していきましょう。