フリーランスは総合力!

経験がなくても想像できるとおり、フリーランスがエンジニアとして働くにはプログラミングスキルだけでは足りません。
よく確定申告と聞くけど何?税金ってよくわからない。」「フリーなら営業力がないとダメ?コミュ力弱いからな…」など、多くの疑問や不安があるかと思います。

確定申告や営業に戸惑うフリーランスエンジニア

もちろん、フリーランスとして働くには多くの能力を必要としますが「どんな能力がどのレベルで必要か」を具体的に知らなくてはいけません。なんとなく出来そう、なんとなく無理そう、と曖昧な判断をせず、自分のキャリアに対して具体的な判断基準を持ちましょう。

そこでこのページでは、フリーランスに必要なことについて書いた記事をまとめてみました。1つ1つチェックして、自分が身につけるべきものを確認していってください。

【準備編】フリーランスへなる前に

フリーランスになる前から、その準備は始まります。

多くの方はいきなりフリーランスでなく、会社員としてエンジニアのスキルと実績を積んでからフリーへの転身を目指すでしょう。(最近、「未経験からいきなりフリーランス!」といった過激な宣伝文も目立ちますが、私は推奨していません。)
そこで会社員のうちに準備しておくと良いこと、必要な心構えなどをまず始めに書きました。

独立のメリットとデメリット

フリーランスとして自由に働く男性

昨今フリーランスには、「自由」「高収入」などの広告イメージがつけられています。
もちろん、満員電車で通勤する必要もなければ、スキルさえあれば働いたら働いた分だけ稼げる仕事です。

しかし一方で、もちろんデメリットもあります。わかりやすいところでは、安定して給料がもらえなくなり案件を失えば収入が0になってしまうことが挙げられます。
でも実は他にもデメリットがあります。その内容について、下記の記事でまとめました。

会社員のうちに必要なことは?貯金は?

独立資金を貯める貯金通帳

1つ前の記事では求められる心構え、つまりメンタル面を中心に書きましたが、次の記事では実務的に準備しておくべきモノゴトを解説しています。
フリーランスになり、自由になる反面、社会的に不自由になる面も多々あります。

そこで以下の記事では、会社員として社会的信用が担保されているうちに備えておくと良いことを書いています。

【フリーランスの働き方】必要な能力は?

続いて解説するのが、準備を終えていざフリーランスになった後の働き方についてです。
案件の獲得についてから、税金知識、顧客対応に渡り、実務面で必要な能力をお伝えしています。

これらの能力を磨かなければ、肝となるプログラムを書く作業に集中することができません。サブ的な仕事こそ、効率化を心がけていきましょう。

案件の受注を助ける2大サービス

クラウドソーシングサービスのイメージ

エンジニアを問わず独立となると、とにかく歩き回ってコネを作り仕事に繋げていくようなイメージがあるかもしれません。
もちろんそれは昔から続く必要な努力です。一方で、現代ならではサービスを活用することもできます

仕事を確保するためのルートは複数あるに越したことはありません。今だからこそ利用できる、受注先の確保方法を知ってください。

安定して仕事を得るためのコツとは?

継続した取引先と新規契約を交わすフリーランスエンジニア

フリーランスとして売上を安定的に得るためにはプログラミングをする以外の、営業から顧客とのやり取りなど一連の仕事を効率的に進める必要があります。
そこで請負案件を例に、提案・業務報告・納品といった業務の解説や注意点について解説しました。

事務的な能力もフリーランスには必要な能力です。ぜひ身につけていきましょう。

確定申告を効率化し、楽をするための準備

確定申告書類と電卓

フリーランスになると必ず求められるのが確定申告。しっかりと税金を納めなければいけません
節税に関する知識や、スピーディーに確定申告をする方法を知らないと、せっかく売上を立てても損をしてしまうことも

誰もが面倒くさく思う領域ではありますが、だからこそよく学んでムダを減らすことが大切です。

営業力も必要?身につけるべき能力とは

大きな案件の契約を決めて喜ぶフリーランス

フリーランスが不安定になってしまう状況の原因の多くは、すべての案件が単発単発で終わってしまうことです。
そんな時、特定のお客様から継続的に仕事を依頼いただければ会社員ほどでないにせよ安定できます。

そこで以下の記事では、継続的な売上を立てるために必要な事柄を解説しています。

【不安な時の第一歩】副業から始めてみる

はじめの一歩を駆け上がるイメージ

どこまでスキルや知識があっても、いざ独立するのは誰しもが不安なことです。
そんな中、昨今は副業解禁や週休3日の制度を設ける会社も出てきました。いきなりリスクを取って会社から離れなくとも、副業・兼業の形で働くのもこれからの時代のスタイルかもしれません

0か100で考えず、自分にあった折衷案から考えてみてはいかがでしょうか?

時代に沿った働き方を考えよう!

時代の先を見据えるイメージ

これから時代、フリーランスはさほど珍しい働き方ではなくなっていくかもしれません。
一方でだからこそ、過剰に自由!稼げる!と幻想を抱くのも良くありません。隣の芝は青く見えるものですが、当然どちらにも良い点と悪い点があります。

冷静に実情をよく見極めて、あなたにあった働き方を探してみてください。
フリーランスになるのはどんな悩みも解決する魔法のチケットではありませんが、現代ならではの選択肢の1つと言えます。

もしこのページで紹介した記事を読み、自分に向いていそう!と思ったら、ぜひ一歩踏み出してみてください