スクールを使い「成功」するために

プログラミングスクールに興味があっても、中々学習をするイメージが沸かないのではないでしょうか?
学生の頃は、毎日朝起きて学校に行けば授業が始まりましたが、大人になってから仕事や普段の生活とは別に学習をすること自体が未知の世界です。そこでこのカテゴリでは、私が指導してきた人達から寄せられた疑問を元に、以下のポイントについてまとめました。

入学、そして受講の流れ

スクールでより効率的に学習する方法

現場で求められるスキルとは?

プログラミングスキルは今からでも取得できる、誰でもチャレンジ可能な新しい可能性です。
家庭環境や学歴、現在のスキル、年収、あるいは出産や介護といった数多くの要因で今現在、良いキャリアが築けていない人が新しい自分を獲得できる機会となり得ます。

とはいえ残念なことに、スクールに入った全員がプログラミングを使い活躍できる人間にはなれていません
そこで、よりスクールを活用するための方法をここにまとめました。この内容を元に、一人でも多くの人が今よりも満足できる場を獲得できればと思います。

入学手続きと必要書類

プログラミングスクールの入学説明

「スクールへの入学」と聞くと面倒な手続きを想像するかもしれませんが、実際はもっと簡単です。

受講を開始するまでの3ステップと共に、強引な勧誘の有無や契約書のチェックポイント、クーリングオフといった、入学に際して気になる項目についてまとめています。
簡単とは言っても、契約時は色々と注意する必要があります。その中でも特に注視すべき点がわかるはずです。

事前学習と基礎知識

プログラミング基礎となる概略図

学習の始めはみんなが初心者です。
とはいえ、これまでITに関わらない仕事へ携わっていたりすると「自分でもスクールの学習についていけるのだろうか…」と不安になってしまうものです。

プログラミングスクールのカリキュラムは、そんな完全初心者の人でも大丈夫な内容になっています。
それでもやっぱり心配!と思う人に向けて、事前に学習するとよりスムーズに学習に入っていける簡単な方法を2つほど紹介しています。

授業のカリキュラム

グループ学習するプログラミングスクールの生徒

プログラミングスクールは数多く存在し、そのカリキュラムもスクールによって様々です。
義務教育のように、学習指導要領が定められていませんので、スクールごとに独自の内容が提供されています。

とはいえ、すべてがバラバラでなくある程度のパターンが存在します。

人気な学習コースはなに?

「オンライン型」「通学型」別の週の学習時間

など、多くの場合どんな形で学習を進めていくことなるのか、具体的なイメージをお伝えしています。

学習効率を上げる3つのポイント

講師に質問をする生徒

独学に比べ、学習効率が良いプログラミングスクールでの学習。
でもスクールに入った全員がエンジニアとして活躍できているわけではありません。

同じカリキュラムで学習をしても、伸びる人と伸びない人がどうしても出てしまいます。
そこで私が多くの受講生を見てきた経験を元に「真面目型」「受け身型」といった分類をしながら、うまくスキルが身につかない人の特徴を3つまとめました。この特徴を反面教師として、より効率的な学習をするヒントとしてください。

30代・40代でも間に合う?

40代からプログラマーを目指す男性

最近では、20代だけでなく30代以上になっても未経験からエンジニアを目指す人が増えてきました
スクールによっては受講生のうち20%ほどが30代なことも。

とはいえ、年齢を重ねてから未経験として挑戦するのは簡単なことなのでしょうか?
その実態と共に、未経験で30代以降の人が就職の成功するためのポイントをまとめています。

取得できるプログラング資格

IT系資格の勉強に励む女性

技術職となると気になるのが、資格の必要性。
結論から言ってしまえば、エンジニア職に資格は必須ではありませんが、業界によっては資格が就職に有利に働く場合もあります。

IT系資格の種類と共に、どんな資格・どんな業界であれば資格があると良いのかを解説しました。

あなたの成功こそがゴール

スクールをただ卒業することは、ゴールではありません
大学でもそうですが、ただ勉強して入学し卒業するだけで人生が上手くいく時代は終わりました。
就職をする・フリーランスになる・作りたかったサービスを作るなど、あなたの目的を果たすことが本当のゴールと言えます。

従来の「学校」というイメージを忘れ、「現場」を意識した活躍できる人になれるよう学習をしていきましょう。
もちろんこれまでと同様、机に向かって黙々と勉強することは必要です。しかし、それだけではいけません。
より先を見つめ、楽しい人生を送るベースを作るために、プログラミングスクールを活用していきましょう。