スペック比較だけではわからない温度感

Web上で複数のプログラミングスクールの情報を色々と比較しても、結局はスクールに入らない限り中身はわかりません。
検索すれば、特定のスクールを褒める記事・批判する記事をたくさん見つけられますが、ステマやデマの可能性もあり信用しきれないでしょう。

学生時代に地元で塾を探すのであれば、友人や先輩から評判を聞けますが、プログラミングスクールだとそんな身近な評判を得られません。
何よりプログラミング教育は、まだ出来て間もない業界ですのでスクールごとにクオリティの差が激しいのが現状です。
決して安い買い物ではありませんので、赤の他人の口コミを見るだけでは選択できないですよね。

無料体験入学のすすめ

そこでオススメするのが、多くのスクールが提供している無料の「体験レッスン」「説明会」「カウンセリング」の活用です。
やはりWeb上で口コミ・評判を集めるよりも、自ら体験をすることが、失敗しないスクール選びの最善策と言えます。

無料体験では、スクールの受講内容を確認することはもちろん、公式サイトを見てもわからない、講師・スタッフや教室の雰囲気も直接見られます。
体験して通じて、「このレベルなら続けられるそう」「内容が自分にあっている」と実感することが大切です。
各スクール、無料で受けられる内容が少しずつ異なりますが、大きく分けると下記の3つのパターンがあります。

3つの無料コンテンツ

① 体験レッスン
デモ版の教材を使い実際に学習。教材の質や学習の進め方が確認できる。

② 内容説明会
スクールの内容を直接、講師やスタッフから聞ける。
質疑応答を通じて、webサイトを見てわからなかったポイントの確認も。

③ カウンセリング・キャリア相談
目的・目標を伝え、スクールでそれが満たせるかを確認。
また、どのコースやプログラミング言語があなたにあっているかを診断。

基本的には、これらを組み合わせた内容を提供されます。

無料体験では、強引な勧誘をされる?

無料の体験会と聞くと、
どうせ強引に勧誘してくるんでしょ?
最終的に、申込しないとダメな空気にされそう。
と不安に思うかもしれません。

事実、そんなスクールがあることもたしかです。
しかし、当サイトではそんな悪質なスクールはすべて排除し、優良なスクールのみを紹介していますのでご安心ください。

また、たしかにスクールからすれば最終的に申込をしてくれるのが一番嬉しいことです。
そのために、無料体験を実施していますが、実はもう一つ目的があります。
それが「ミスマッチを防ぐこと」です。

学習がスタートした後に「思っていた内容と違った!」「やっぱり違うコースに変更して欲しい!」となるのは、もめ事や煩雑な手続きが発生する、お互いに不幸なことです。
「プログラミングスクール」という商品は、その場で売って終わりのものではありません。
購入後の何ヶ月も続くサービスですから、事前に互いの認識をすり合わせることが重要となります。無料体験は、ただ販促するためでなく、向いていない人をお断りするための場でもあるのです。

体験時にチェックすべき6つのポイント

無料とはいえ、体験を受けるのはあなたの貴重な時間を割くことです。
ですから、なんとなく話を聞いておしまいになってはいけません。

そこで、あなたにそのスクールがあっているか確認するための6つのポイントをまとめました。体験を受ける際のチェック項目として参考にしてください。

学習教材のレベル感・進め方

プログラミングスクールの教材

学習を体験できるスクールでしたら、まず学習教材をしっかり確認しましょう。
多くのスクールでは、教材を元に一人で学習を進めることになります。

ですので、後半内容が難しくなってきた時に、丁寧にわかりやすく解説が書かれているかは大切なポイントです。
もちろんわからない時には、質問をしたり調べれば良いのですが時間のロスですので、やはりまずは教材のクオリティが大切です。

また、スクールによっては受講生全員に共通のカリキュラムを提供せず、一人一人オリジナルのカリキュラムを提供するとアピールしているところもあります。

オリジナルカリキュラムと聞くと一見良さそうですが、かなり注意が必要です。
当然ですが、多数の生徒がいる中で全員に手間暇かけてオリジナル教材を作る余裕はスクール側にありません

実際は、複数のカリキュラムを目的に応じて組み合わせるなどの対応をしていると思われます。
具体的にどうカリキュラムを作成しているのか、卒業生の例を聞くなどしっかりと確認しましょう。

「目的に応じて、市販の書籍を元に指導します。」なら、自分でその書籍を買って独学すれば良かったのでは…と後々後悔することにもなります。

講師のサポート体制・質問の仕方

プログラミングの不明点を質問する様子

スクールに入る大きなメリットの1つが、講師から受けられるサポートですので、ここも大切な確認ポイントです。
講師が高い技術力や指導力を持っているも当然大切ですが、「うちは現役のエンジニアがサポートするから大丈夫ですよ」という言葉を信じて終わりにしてはいけません。

講師の数が少ないスクールだと、

質問をするのに順番待ちが必要(特に土日の混み合っている時)

常駐のスタッフは簡単な質問にしか答えられず、難しい質問はチャットで行い、数時間後に解答がある。

なんて場合もあります。
講師の良し悪しだけでなく、全体的なサポート体制・質問の仕方も確認しましょう。

必要な学習時間

プログラミング学習の期間イメージ

Webサイト上に記載されている学習時間の目安は、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月などおおまかな日数が主です。
ですが、日数だけでは学習時間はわかりません。

「1日8時間を1ヶ月」なら、240時間ですし、「平日は1日2時間・土日は4時間を1ヶ月」なら、76時間です。
一口に1ヶ月と言っても、進め方によって3倍以上も学習時間は異なります。

「自分のペースで大丈夫ですよ。」は表向きの甘い言葉です。
あなたが望むスキルレベルまで達するために、合計でどれぐらい時間が必要なのか具体的に確認しましょう。

事前に準備が必要な学習環境

プログラミング学習の予習

プログラミングを実行する環境(PC)もスクールによってそれぞれ異なります。
クラウド上に学習環境を準備しているスクールなら、おおよそどんなPCでも学習ができます。
ですが、自身のPCにプログラミング環境を構築することから始まるスクールだと、Windowsでは難しくmacが必須

なケースもあります。

また、通学が前提のスクールだと、当然ノートPCでないとダメで、自宅のデスクトップPCでは学習が進められません。
レンタルPCが準備されているスクールもありますが、多くの場合は有料

ですので、あなたが今持っているPCで学習が進められるか確認しましょう。
もしこれを機にPCも買い替える予定があれば、事前に推奨のOSやスペックを聞いてから購入しましょう。

学習場所・教室

プログラミングスクールが集中する山手線沿い

オンライン受講でなく通学の場合は、通う教室の確認も大切です。
場所や雰囲気は当然、オープンしている時間も見ておきましょう。平日も仕事終わりに通おう!と思っていたけれど、平日は18時までで間に合わない!なんて場合もあります。

最近は都内のオシャレな教室を構えるスクールも増えていますが、オシャレさは二の次です。
あなたが想定している通い方と教室がマッチしているかを要チェックです。

またデュアルモニター用のディスプレイを貸し出していたり、無料や格安のドリンク自販機を構えているスクールもありますので、そんな細かい実用的な面を見ていきましょう。

就職案内や仕事の紹介

エンジニア関係の仕事に就職する若者

スクールに通った後の話も重要です。
エンジニアとして就職を目指したり、フリーランスとして活動することを目指すのであれば、そのサポート体制もよく確認しましょう。

ほとんどのスクールでは、就職もサポートしています!とは書いていますが、対応の度合いはまったく異なります。スクールによっては、ただ転職エージェントを紹介するだけで終わるケースも多数あります。

逆にサポートが充実しているスクールであれば、卒業生限定の求人案件を用意していたり、就職のための面接対策やポートフォリオ制作までサポートし、より高い確率でより好条件な職場を目指す就職をアシストしています。

以上、体験時に確認すべき6つのポイントでした。
改めてリストしたものがこちら。

学習教材のレベル感・進め方

講師のサポート体制・質問の仕方

必要な学習時間

事前に準備が必要な学習環境

学習場所・教室

就職案内や仕事の紹介

これを元に、より良い無料体験にしてください。

迷った場合は、複数の無料体験へGo!

無料体験は、一つのスクールに絞る必要はありません。
というより、基本的には2つ3つ行ってみることをオススメしています。

一つのスクールを見るだけでは、どこか良い点・悪い点なのか判断できません。複数のスクールを比較することで違いが見えてきます

どのスクールもやはり自社の良い点のみをアピールし、都合が悪い点を自分からあえて言うことはありません
他のスクールの話を聞いて初めて「あ、あのスクールはこのサポートが無いんだ」と気がつけます。
複数の体験を受けるのは少々めんどうかとは思いますが、無料体験を受講した人限定の割引クーポンや交通費程度のAmazonギフト券が提供されることも多いので、損をすることはありません。しっかりと比較して、あなたにピッタリのスクールを見つけてください。

最後に、当サイトでオススメしている、無料体験があるプログラミングスクールはこちらのページにまとめています。ぜひスクール選びのために活用してください。